フェイスシールド 医療が話題沸騰!県内の病院では?★画像・動画★ネットの声は?

フェイスシールド 医療がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

フェイスシールド 医療の概要は?県内の病院では?

フェイスシールド 医療のニュースが次のように報道されています。

県内の病院ではフェースシールドが不足していて、今回、提供された5000個はすぐに医療機関に届けられる予定です。

 地元企業が作ったフェースシールド5000個が無償で提供されました。

 山梨県のプラスチック加工会社「立沢化成」は医師らが顔に装着し、患者からの飛沫(ひまつ)を防ぐ「フェースシールド」5000個を県に無償で提供しました。神奈川大学の道用大介准教授が公開した製作方法を参考にして市販のアクリル板や輪ゴムなど3つの部品で作られています。この会社では今週から一日に2000個のペースで量産を始めています。県内の病院ではフェースシールドが不足していて、今回、提供された5000個はすぐに医療機関に届けられる予定です。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200430-00000061-ann-soci

スポンサーリンク

フェイスシールド 医療が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のフェイスシールド 医療に関しての画像や動画です。

フェイスシールド 医療の動画をどうぞ。

山梨県に地元企業がフェースシールド5000個無償提供

スポンサーリンク

フェイスシールド 医療のネットの声は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「無償提供とは心意気に感謝します。
ただ、この状況で無償提供ありきとなると、企業によっては厳しいところもあると思います。雇用を守りながら提供する為、少しは対価を受け取って欲しい。その方が後に続く企業が参加しやすいと思う。」という意見と
「とことん国内企業、県内企業にがんばってもらいたいです!
マスクだって国内産が1番!」という意見と
「今まで中国を主に外国からの輸入に頼ってきた医療機器や物資について、国内調達を考えるいい機会だ。医療安保の観点から、今回のパンデミックでいい教訓になったと思う。
日本には、この様な町工場が何万社とあり、各々が高い技術を持っている。
この山梨の地元企業の様に、国内企業では、持ち前の技術を転用して、医療物資を生産する事が可能だ。また、彼らだけじゃなく、他にも多々の中小企業が国内にあるだろう。多少コストが高くても、国内企業調達を探ってみては。
コスト最優先で、今回の事態を招いたわけだから、これからは、医療安保についても、国防と同じレベルで、考慮するべきなんじゃないかな。」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「日本の町工場の社長さん

全国の医療機関の医療従事者の為にマスクや防護服などの医療用品を作って下さい。

私も給付金から社長さんお金は少し出させて頂きます。

宜しくお願いします。」という意見と
「無償提供はすごいです。」という意見と
「山梨県民として誇りに思いやすぜアニキ!
企業さんありがとう!」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「マネキン人形が怖いのですが。
ウィッグつけてください。」という意見と
「山梨も優秀だった…」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

スポンサーリンク

フェイスシールド 医療おわりに

今回はフェイスシールド 医療に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のフェイスシールド 医療は話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「地元企業優しスギィィィ!!!」
「空気感染されるから、その装備より体全体をカバーできる服装を国が用意してほしい。」

あくまでも個人的意見ですが。

今回フェイスシールド 医療について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事