新型コロナウイルス 感染防止対策が話題沸騰!小学6年と中学3年?★画像・動画★ネットの声は?

新型コロナウイルス 感染防止対策がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

新型コロナウイルス 感染防止対策の概要は?小学6年と中学3年?

新型コロナウイルス 感染防止対策のニュースが次のように報道されています。

最終学年の小学6年と中学3年、学校生活に慣れていない小学1年に対して特に授業時間を割くよう求めるということです。

 ゴールデンウィーク明けの学校再開に向けて一部の自治体で準備が進むなか、文部科学省は感染防止対策のためにクラスを複数に分けて分散登校・分散授業を推奨する方針を示すことが分かりました。

 文科省は、学校を再開した際の新型コロナウイルスの感染防止対策を来月1日にも都道府県などに対して伝える方針です。文科省関係者によりますと、1つのクラスを2つから3つのグループで分散登校させ、授業も午前中と午後などで別々に行うことが望ましいとする内容になることが分かりました。教室内の「3密」状態を緩和するための措置です。また、最終学年の小学6年と中学3年、学校生活に慣れていない小学1年に対して特に授業時間を割くよう求めるということです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200430-00000027-ann-soci

スポンサーリンク

新型コロナウイルス 感染防止対策が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の新型コロナウイルス 感染防止対策に関しての画像や動画です。

新型コロナウイルス 感染防止対策の動画をどうぞ。

GW明けの分散登校・分散授業推奨へ 文科省が対策

スポンサーリンク

新型コロナウイルス 感染防止対策のネットの声は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「教員です。分散登校や登校日は地域や保護者から、感染対策なのに登校させたら意味ないだろうと苦情が来て、自治体として中止になりました。また同じことになります。開始なら開始と国が示さないと、地域ごとの判断では中途半端になってしまいます。国が時期をはっきりと判断して、あたり前の教育活動をすべての子ども達に提供したいです。最高学年が大事とか外から言いますが、子ども達の1年の成長は心や体、学力もとてつもなく大きいです。1日、1日、仲間や子ども、地域や家庭と接しながら子どもはすくすくと成長していくものなのです。文部科学大臣を含めて文部科学省は子どもをもっと知ってから考えていただきたい。」という意見と
「緊急事態宣言が出され、外出自粛、8割減と言っている中、子供が危険にさらされなきゃならないのか?そんなに勉強が大切か?命あって、健康あっての勉強だ。そもそも感染したら?その子の勉強の機会も、もしかしたら未来もうばうことになるがそれでよいのか?校庭開放すれば、子供達は隠れて友達と群れています。勉強の遅れが心配なら、オンライン授業の導入を早くして下さい。学力ばかり心配し、真っ当なことが考えられない出来ない文科省。最低。」という意見と
「休み時間のことだって考えて欲しい。
明らかに密集、密接になる。
それに買い物に行く時によく見るけど、僕の住んでる地域に遊んでる子供はたくさんいる。
そんな子たちと自粛してた子が一緒になるのは可哀想。
トイレだってみんなで使ってるんだから。
分散登校は反対。緊急事態宣言も延長する方針らしいから期間中に徹底的にやって6月頃から安心して学校に行けるようにして欲しい。」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「やめてほしい。
こんな状況で登校させるなんて、緊急事態宣言の意味がないじゃないですか。
うちには小1と小6がいます。
学校で感染すれば、間違いなく家族感染します。」という意見と
「養護教諭です。今学校を再開することが、現場にどれだけの疲弊をもたらすかを考えてほしい。子どもは低リスクと言えど、喘息等ハイリスクのお子さん多数。保護者の中にも高齢の方、医療従事者もおられます。その中で、子どもや保護者、教職員にたくさんの規制を敷いた学校再開は、意識の高い教員ほどヘトヘト。ご家庭も同じだと思います。そして情勢が変われば簡単に通達が降りてきて、進めてきたことがあっという間に止められてひっくり返る。そんなことが2月末から繰り返されています。感染拡大が止まらないのは、自粛をしきれずすぐに緩めて見切り発車を繰り返す自治体があるから。学校が始まれば、社会全体が安堵して緩みます。今は、日本全体で自粛を貫く時です。それができなければ、ずるずると感染流行は続き、収束はどんどん遠のくでしょう。 9月に全国一斉のスタート。今はそれを目標に、みんなで自粛を乗り切る。それでいいのではないでしょうか。」という意見と
「文科省は何としてでも学校を早期再開させたいようだね。
分散登校をさせようが、分散授業をしようが、学校が再開すれば生徒は密になる。
緊急事態宣言を延長させるって言っている今、子供の感染の機会を増大させてどうするの。
今は大人も子供もなるべく外出を控えて、早期に感染拡大を止める事の方が重要なんだけど。」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「接触8割減はこれで達成できるのでしょうか。教職員の感染もチラホラ聞こえてきますが、大丈夫でしょうか。この結果、教室内でクラスターが発生したら政府の責任です。その責任を取る覚悟があるなら実行しても良いと思いますが、今の政府にはそんな覚悟があるとは思えない。」という意見と
「密もだけど、
子供は感染していても分からないくらい軽症なこともあるから、普通に登校して来る可能性がある。そういう子が触れた場所・物に他の子が触れて鼻くそほじったりしたらアウト。教師は一日中消毒しまくっていなくてはならない。授業どころではない。」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

スポンサーリンク

新型コロナウイルス 感染防止対策おわりに

今回は新型コロナウイルス 感染防止対策に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の新型コロナウイルス 感染防止対策は話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「結構全国で延期が出てますが。明日は遅すぎませんか?対応できますか?各自治体が混乱するだけでしょうに。文科省の官僚さんは中央の私立学校出身が多いのでしょうか?地方の実情が分かっているとは思えない対策に思います。」
「GWあけ?
この記事読んだだけでGW開けたらもう自粛しなくても大丈夫なのかなと思ったんだけど
本当に学校再開したらみんな自粛なんてしないんじゃないかな
登校日があるって言うのでも気分が緩む」

あくまでも個人的意見ですが。

今回新型コロナウイルス 感染防止対策について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事