東京都 PCR検査 陽性率が話題沸騰!神奈川県藤沢市では?★画像・動画★ネットの声は?

東京都 PCR検査 陽性率がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

東京都 PCR検査 陽性率の概要は?神奈川県藤沢市では?

東京都 PCR検査 陽性率のニュースが次のように報道されています。

東京だけでなく神奈川県藤沢市ではドライブスルー方式のPCR検査が県内で初めて行われるなど各地で検査数を増やす取り組みが始まっています。

 関係者によりますと、東京都では27日に39人の感染が分かりました。2週間ぶりに100人を下回った26日に続いて27日も下回りました。

 福岡県久留米市で新たに感染が分かった2人のダンサー。彼女らは20人ものクラスターを起こしている同じく市内のナイトクラブ「MABINI」の関係者との濃厚接触者で、新たなクラスターを起こす可能性があるとみて連日の店名公表となりました。
 週末からステイホーム週間が始まった日本各地。それでもクラスターや家族内感染が日々、報告されています。東京・練馬区の練馬光が丘病院では27日に患者ら10人の感染が確認され、感染者は延べ37人となっています。熊本市では先月に発症して今月9日に退院した20代の女性が26日に再び陽性と分かり、同居していた50代の家族も感染が確認されました。
 27日に東京都では新たに39人の感染者を確認。連続での減少傾向にありますが…。
 京都大学iPS細胞研究所・山中伸弥教授:「感染者のみで一喜一憂するのではなく、真の姿を捉える必要があります」
 ノーベル賞受賞者で京都大学iPS細胞研究所の山中教授はホームページで東京都の陽性率の高さに警鐘を鳴らします。陽性率とはPCR検査人数に対する陽性者の割合ですが、東京都は約4割と他の地域と比べてずば抜けて高い数値を示しています。高い陽性率の理由として日本では陽性の可能性の高い人しかPCR検査を受けられないうえに東京の医療機関が逼迫(ひっぱく)していることなどが考えられ、山中教授は東京都の数値は危険領域で検査数が増えないと感染者の増加を見逃す可能性があるとつづっています。
 週ごとの陽性率を見ても3月以降、激しい増加を示す東京。現在、一日の検査数は平均してわずか300件ほどです。検査件数を増やすためにも、厚生労働省は26日に行われた有識者会議で研修を受けた歯科医師にも検査の実施を認めることを決めました。
 また、東京だけでなく神奈川県藤沢市ではドライブスルー方式のPCR検査が県内で初めて行われるなど各地で検査数を増やす取り組みが始まっています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200427-00000050-ann-soci

スポンサーリンク

東京都 PCR検査 陽性率が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の東京都 PCR検査 陽性率に関しての画像や動画です。

東京都 PCR検査 陽性率の動画をどうぞ。

きょう東京都は39人 山中教授「陽性率」の高さ警鐘

スポンサーリンク

東京都 PCR検査 陽性率のネットの声は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「安心感出てしまうGWにイヤな感じだな、沖縄にGWで数万人予約してる人達はキャンセルせずに行ってしまうな、そして他の地方にも。」という意見と
「何人検査して陽性が何人って公表してほしいですよね。感染者数が二桁になりましたって言うけど・・・本当に感染者が減少傾向にあるのか定かではない。何人調べて何人陽性でしたって公表してくれたら安心する。」という意見と
「マスコミの報道姿勢は明らかにおかしい。なぜにPCR検査数を一緒に報道しないのか?
「若者は感染しないし感染しても軽症」と宣伝し結果若者が感染源となる事象が相次ぎ、わざわざ「自粛疲れ」と宣伝して外に出る大義名分を作る。
いい加減にしろ」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「教授の様な優秀の方の意見など政府は部外者と見ているのか!
初期に希望者にアビガン等有効的な薬の処方は出来ないのか!
石田の様に幼い子供がいる奴の行動に腹が立つのに、即アビガンて、どんな圧力を使ったのか気になるよ!
目線を変えてもっと早くに方向性を見余らなければ、亡くならずに済んだ人がもっといたはずだ!
現場の医師達も政府の対応は遅かったと断言しているのが全てではなかろうか!
過去形で済む話では無い!」という意見と
「「山中教授は東京都の数値は危険領域で検査数が増えないと感染者の増加を見逃す可能性がある」、もうかなり見逃してますよ。 死後陽性と判明した人が結構います。 また、37.5度以上の熱が4日以上続いても保健所は検査OKしてくれない等、多発してます。 そもそも今の東京じゃあ保健所に電話してもほぼ繋がりません。」という意見と
「一般人には“分かりやすい”陽性者数だが、諸外国に比べ検査数が圧倒的に少ない状況で、この数字を信じられる訳がない。だが何故か未だにPCR検査体制の拡充は遅々として進まない。
そしてこの期に及んでもパチンコに並び
レジャー感覚でスーパーに出かける(これは少しは減っただろうか)人々。
さらに遂に始まるGW。沖縄への旅行?の予約は6万件に達するという。
悲しいことだが、人を見たらコロナと思え、と自分が外出を制限し交流を絶つことでしか自分の身を守れない。
しかし自分自身は薬局勤務。仕事はゼロにならない。まして医師、看護師、介護士、どれ程のプレッシャー下に置かれていることか…
連休明けが恐ろしい。これで緊急事態解除など考えられない。」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「陽性率が上がっているのに、感染者数が減るという事は、検査数が減っているということになる。検査数は増えているはずなのに、退院等のための再検査は増えていても、新規検査数はむしろ減っているのではないか?国民に不要な推測をさせるのではなく、適切に情報公開頂きたい。」という意見と
「「二日連続で100人を下回りました」などと言う必要はまったくない。むしろ害である。検査数に対する感染者の比率を、感染者数と共に公表しないと、意味がない。

 新聞やネットやテレビで、感染者数ばかりを公表して、上がった下がったとまるで株価の値動きのように伝えるのは、止めてもらいたい。編集者や番組の制作者は、データの扱い方を知らないのか? 知らないのだったら、担当を外れるか辞職して貰いたい。迷惑である上に、人々に誤解を与えています。

 感染拡大は、まったく終息していません!

 とにかくあと2週間、徹底的に感染予防に努めましょう!」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

スポンサーリンク

東京都 PCR検査 陽性率のネットの声は?その他

東京都はLINEアンケートで潜在的患者数を拾っているのでは。アンケートの結果も知りたいです。

でも、無症状の感染者も多くあまり意味が無いのかもしれませんね…。私も、あなたも、無症状感染者かも。

東京の検査数について、
保険適用分は前週木曜〜水曜分が金曜に日毎に計上です。現在は22日まで計上。

4/22 1,242
4/21 1,125
4/20 1,607
4/19 437
4/18 803
4/17 1,360
4/16 1,498

検査実施件数なので人数ではありません。参考程度に。検査人数には保険適用分は入っていません。
ただし陽性者には保険適用分が入っています。
18日、19日は土日で民間検査が少ないです。
まだ東京は検査して翌日に出る人もいれば数日後に出る人もいます。ある程度まとめてみるしかないと思います。

もちろんこれではまだまだ充分な検査数とは言えないと思います。
しかし東京は各自治体でpcrセンターの設置を目指し、23区内では既に稼働しているところもあります。

東京都の検査人数は確かに少ない。

全国で行われた検査人数の1/10程度になっている日もある。

ちなみに検査数も4/25時点で全国では232812件、東京都は27557件と11%程度と少ない。

しかし相談窓口やコールセンターには3000件を超える相談がある。

相談の全てが該当しているとは思わないが、疑わしい人達を検査せずに何を検査するのかと思ってしまう。

確かに、他県と比べても東京の陽性率は高過ぎる。
検査した半分近くが陽性ということは百人弱検査して39人だったということ。
こんな数字では全く安心できない。
ホテルを大量に確保して万全の体制で多目に検査をすべき時が来たのでは?

ゴールデンウィークの数日後に恐ろしいことになってないといいけどー!

機能してない保健所への連絡はもう外してください、手遅れの元凶じゃん!

医師の見解を尊重してPCR検査を早急にしないと、どんどん収集つかなくなるよ

お偉いさん、有名人、クラスター関係の人だけPCR検査受けれるっておかしいよ

どこのニュースも陽性が何人とか意味のない数の公表ばかりやってる、これより
医師からのPCR検査要請が何件あったか
知りたいわ!

助かるはずの命を守る…これに尽きます

東京都の陽性確認者数は39人だけど、検査数はわからないし、さらに、陽性と判定されてから、再度検査してる数も相当いると聞いています。つまり、新規に検査してる数が本当は凄く少ないのでは?なぜ検査数ふやせないんですかね。とにかく5月いっぱいは東京都は緊急事態宣言そのままですかね? 6月には経済活動再開するんだろうけど、秋にはまた蔓延する可能性がありますね。その時はいい加減検査できるようにしてほしいです。そして、即薬剤投与。とにかく、医療体制をバックアップしていくしかないですね。 それはそうと、東京都で満員電車で通勤していた私の職場では、2月上旬に肺が苦しくなる咳をしてる人が多発していました。もし、今度の抗体検査で、かなりの割合で抗体保持者が見つかれば、このときからすでに感染が始まっていた可能性があるのでは?

山中教授もノーベル賞受賞者として国民対して影響大ですから第三者的発言でなく政府、医師会に対して直接話して欲しいです。

統計学的な出現率からすれば、感染者数が多いのはわかるが、その逆に考えれば、後退傾向に入っていることは確かだ。
ただ山中教授が本音で言いたいのは、『まだ油断しちゃいかん!!』ということだ。
科学者だからゼロ/根絶を目指すべきだという考えは確かだし、ヒューマニストゆえにこれ以上の犠牲者の発生を見たくない。
だから、あと2週間は安心しちゃいけないんだろうね。

報道の姿勢に問題を感じます。事実に沿った報道の仕方に見直してほしい。
まず「Stay Home週間」は東京だけのもの。全国ではありません。
また、クラスターは「今」この週間になってできたものではありません。「Stay Home週間」とは一切関係ありません。事実誤認を助長する内容です。
ニュース原稿を書く人、それをレビューする人、自分たちが報道する内容の隅々までしっかり事実だけを伝えるように努力を払ってください。その責任の重さを感じて頂きたい。
それをしないから、余計な偏見や消費者の不安を煽っている現実を生むのです。もっとジャーナリズムに徹してほしい。

検査数が少なければ陽性者が少ないのは当然のことだろう。
感染者が少なくなったことを強調した報道をすれば、もう大丈夫とか
自分は平気だとか、そういう連中が増えてきかねない。ましてや
もうすぐG・W。ここで気が緩んでしまったら・・・どうなるかは
容易に想像できるかと。
全く無症状の人を検査するのは無理だろうけど、熱が出て咳が
あるような人は検査できる体制にしてもらいたいですね。
熱が出ても4日以上とかあれこれ難クセ付けて結局検査できずに
急変・悪化して・・・なんてことがもう起きないでもらいたい。

スポンサーリンク

東京都 PCR検査 陽性率おわりに

今回は東京都 PCR検査 陽性率に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の東京都 PCR検査 陽性率は話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「数字の見方は難しいなあといつも思います。
専門の先生方が見る数字と
国民が知りたい数字はずれてる感があります。

途中経過の数字よりも、自粛解除の条件は何なのか?
何がどうなればコロナ終息宣言が出るのか?を教えてほしいです。
科学的な数字より、
要は「あと何周走れば終わり」とわかるほうが
希望が持てるから。

コロナがまた拡大したら、その時は、また自粛となるでしょうが、
同じサイクルだとわかれば、心の備えができます。」
「外れがないのは効率としては良いのだけれど、余裕が無いとも取れる。

そう言った意味で感染者のうちの重症者もしくはその候補を発見する機能にも影響が出そうというのは危惧すべき事。
政府が今やってる対応が間に合うことを祈ります。

自粛効果が出ていると良いのだけれど、感染者の濃淡ってあるのでしょうか。」

あくまでも個人的意見ですが。

今回東京都 PCR検査 陽性率について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事