イギリス コロナウイルス 首相が話題沸騰!演説で?★画像・動画★ネットの声は?

イギリス コロナウイルス 首相がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

イギリス コロナウイルス 首相の概要は?演説で?

イギリス コロナウイルス 首相のニュースが次のように報道されています。

ジョンソン首相は演説で、1カ月以上にわたって続く外出禁止措置の解除の時期について「第2波のリスクを認識しなければならない」と述べ、緩和するには時期尚早だとの考えを示しました。

 新型コロナウイルスに感染して療養を続けていたイギリスのジョンソン首相が1カ月ぶりに公務に復帰しました。

 ジョンソン首相は27日午前9時すぎ、首相官邸前で演説を行い、約1カ月ぶりの公務復帰を果たしました。先月27日に新型コロナウイルスへの感染を公表し、その後、一時は集中治療室に入るなど治療を受けていましたが、順調に回復を続けていました。ジョンソン首相は演説で、1カ月以上にわたって続く外出禁止措置の解除の時期について「第2波のリスクを認識しなければならない」と述べ、緩和するには時期尚早だとの考えを示しました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200427-00000033-ann-int

スポンサーリンク

イギリス コロナウイルス 首相が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のイギリス コロナウイルス 首相に関しての画像や動画です。

イギリス コロナウイルス 首相の動画をどうぞ。

英ジョンソン首相 1カ月ぶり復帰 新型コロナ感染

スポンサーリンク

イギリス コロナウイルス 首相のネットの声は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「油の抜け切ったような顔をしていたけれど、少しは元気になったご様子でほっとします。

自分が倒れても英国政府は必ず皆さんを助けますという丁寧な封書入りの手紙。

住人の国籍や人種を問わず、国中のポストに投函されたことには他国人ながら心を打たれました。
自分が他界したのならその先には責任なんてないからさと揶揄する声も上がったけれど、たった一言の思いやりで、事の真異は別にして相手の気持ちを救うこともある。
もしかすると政治家にしては軽々しかったかもしれない。
でも、一国のリーダーとしては立派だったと思う。政治生命の問題ではなく、その状況を鑑みれば命がけの気持ちだったのではないかな。

回復した上は、どうか英国と世界に向けて再び力を発揮してください。」という意見と
「本当によかったですね。日頃から節制されているのでしょう。今後もイギリス、そして民主国家のために頑張ってください。応援しています。」という意見と
「グローバル化の病が今回のウイルス。
まさに、ブレグジットは正しかったことが証明されましたね。また、精力的な仕事ぶりを期待します。
コロナそのものよりも、アフターコロナの世界で活躍しそうですね。この方は。」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「コロナ収束後には身を挺してコロナに打ち勝った首相と称えられるでしょう。
後、アメリカとフランスに続いてWHO改革へ合意してもらいたい。」という意見と
「感染者が陰性で元気になって社会復帰できるのはいいこっちゃ

発症から社会復帰まで
約1ヶ月

長いが仕方がない

国内ワクチンの認可は来年だろうが
海外ワクチンできるまで約4~5ヶ月
厚労省が輸入使用を認めれば
状況は一変する

それまでは耐えるしかない」という意見と
「自国のコロナウイルス災害が収まったら、原因の追究を世界的規模で調査する先鋒になって欲しい。」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「ご回復と政務復帰、ご祝福をお祝いたします。免疫力を付けパワーアップしましたね、WHO の機構改革,中共の訴訟問題と大変ですが、共に頑張っていきましょう。武漢コロナとの戦いも大変ですが、落ちついたらTPP 参加で一帯一路を蹴散らしていきましょう。」という意見と
「この人は今や世界中のどのリーダーより説得力がある
イギリスから世界の対策をリードしていって欲しい」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

スポンサーリンク

イギリス コロナウイルス 首相のネットの声は?その他

実体験をした現職首相として武漢新型肺炎に対する声明、対話などが気になる所。でも一番気にしてのは発生源の共産中国で気もそぞろ。あの米軍持ち込み発言の報道官なに言うか楽しみ。きっと顔面湾曲状態と思う。悟りを開いた境地の発信を期待いたします。復帰おめでとうございます。

EUからの合意離脱!
コロナからの生還!
年末のEUからの完璧な離脱をこなせれば、鉄の女サッチャーと双璧をなす名首相となるだろう!

安倍首相が3週間病気で公務から離れていたら、それだけで日本のマスコミとネット民から袋叩きに遭うだろう。
ジョンソン首相は退院した後、病院前で自分で拍手していた。そしてイギリス国内の死者が2万人を超えた今、国民に団結を呼びかけるスピーチをした。死者数が圧倒的に少ない日本で安倍首相が同じことを行ったら何もかも袋叩きの対象になるだろう。
今回ほど反日の恐ろしさを知ったことはない。

英国在住です。
回復されて本当によかった。

ただ、ロックダウンせず集団免疫をといって、10万人越えの感染者と2万人越えの死者を出したのは、英国政府の対応が遅れたのは否めない。

もう、ロックダウン解除して第2波くる方がもっと恐怖だから、ここまで来たらとことん可能なとこまでロックダウン続けてください。

まずは快方と復帰よかったです。
BBCの記事では、
 1)日別の死者数が毎日減り続け
 2)NHSが感染者に十分対応できると確認でき
 3)新しい感染者の発生も「対応可能」な範囲まで下がり
 4)検査キットや医療用防護具が十分供給され
 5)行動制限を緩和しても第2の山がやってこないと確信できる
ーこの5つの条件が満たされるようになれば
”その時こそ、感染対策の次のフェーズに移行する”
と具体的に政府のロックダウン解除条件を挙げ、
さらに決定は「最大限の透明性」と共に行うと強調した
とあります。しかし
 ”「そうした変化をどれだけ速やかに、あるいはどれだけ
 ゆっくりと、そもそもいつ実施するのか、今はともかく
 言明できない。もちろん政府は今後数日の内に、さらに
 説明を重ねていく」と付け足した。”
と不確定要素も丁寧に語っており、苦難な環境下にいる
国民に配慮し真摯・誠意を感じます。

NHSを守るために家にいましょうというのが多くの国民の心を一つにしたと思います。
中には批判する人達もいるし、毎日の記者会見では厳しい言葉がでて追及されていますが政府ができる事はやってくれていると思います。政府が給与の80%を補償するということもあり、先日支給された給与は会社が残りの20%をカバーしてくれたので基本給は全額支給されました。

ジョンソン氏おめでとう!
まだまだあなたの仕事はたくさん山積みです。大変でしょうが頑張ってください。

まずは良かったです。
本当に良かった。

しかし、一か月…重篤化すると、回復までそれくらい時間が必要になる病気。
勿論、程度にはよるだろうけれど、簡単に治るようなものだはないことを改めて意識したいです。

ジョンソン氏は、幸運でした。

インフルエンザも死因が肺炎となることが多いので、よくインフルエンザと同じようなものだろうという意見を見かけますが、それは違います。

インフルエンザは、インフルエンザウイルスで弱ったところに、細菌による肺炎を起こします。
細菌は、抗生物質が効くので、直接治療が可能です。(それでも、亡くなる方はいますが)

コロナウイルスは、コロナウイルスとして肺炎を起こすため、直接作用する治療薬がありません。
対処療法のみとなるため、重篤化すると死亡率が跳ね上がります。

コロナウイルスとインフルエンザが同じと思わず、皆で、感染防止に努めましょう。

身をもってウイルスの恐ろしさを感じて、ウイルス対策としてしっかりとした判断をしてもらえると期待してます。今日の演説を聞いた感じだとどこかの大統領と違って第2波に備えた対策が出来ると思います。

コロナの辛さや、医療従事者への感謝の言葉とか、今は一番説得力がある。

スポンサーリンク

イギリス コロナウイルス 首相おわりに

今回はイギリス コロナウイルス 首相に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のイギリス コロナウイルス 首相は話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「コロナで休業、休校が長引く昨今
影響を受けている企業や自営の方々、またはエンターメディア関係
マスメディアも社会に身を削ってはどうか?
コロナの現況を伝えるだけが仕事では無いだろう。自国の将来を担う子供向けの教育番組を作成出来ないか?NHK教育だけでは限界がある」
「自民党の皆さん、英首相を、どう見てますか?俺は、一言で表現すると、凄い御仁だな、と思いました、国民に僅かでも希望の光が灯ったのではないでしょうか、運も有るかも知れないが、少なくともあなた方、足下にも及びませんね、自民党様、僕は政治家で頭使う事が仕事です、それすらも歴代から見たなら失敗してますね、田中角栄首相が聞いて呆れていると思います、強かな、ある意味極道な首相がね、お宅等何してるの?とか。」

あくまでも個人的意見ですが。

今回イギリス コロナウイルス 首相について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事