歯科医師 PCR検査 研修が話題沸騰!厚労省によりますと?★画像・動画★ネットの声は?

歯科医師 PCR検査 研修がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

歯科医師 PCR検査 研修の概要は?厚労省によりますと?

歯科医師 PCR検査 研修のニュースが次のように報道されています。

厚労省によりますと、医師法の規定などで歯科医師は本来、PCR検査を実施できませんが、流行時期に限って特例的に認めるということです。

 新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査について、厚生労働省は歯科医師にも検査の実施を認めることを決めました。今月中にも都道府県などに通知します。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、医師会などがそれぞれ地域で「検査センター」を設け、検査態勢の拡充を図っています。検査件数の増加に対応するため、厚労省は26日に開いた有識者会議で歯科医師にも検査の実施を認める方針を示し、了承されました。PCR検査はこれまで、主に専門外来で医師や看護師、それに臨床検査技師らが検体採取を行っていましたが、今後は研修を受けた歯科医師も各地の検査センターで検体採取をすることになります。厚労省によりますと、医師法の規定などで歯科医師は本来、PCR検査を実施できませんが、流行時期に限って特例的に認めるということです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200427-00000008-ann-soci

スポンサーリンク

歯科医師 PCR検査 研修が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の歯科医師 PCR検査 研修に関しての画像や動画です。

歯科医師 PCR検査 研修の動画をどうぞ。

歯科医師もPCR検査OK 流行時期に限り特例 厚労省

スポンサーリンク

歯科医師 PCR検査 研修のネットの声は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「ということは、歯医者に感染の疑いがある人が向かうことがあるということでしょうか。そのあたりがまた余計な心配をさせて、過剰な反応をする人を生むので、そのあたりの情報をしっかりと国民に周知して、風評被害や住民同士の軋轢が生まれないようにしてもらいたい。」という意見と
「PCR検査については様々な学会や専門家がその拡大や基準緩和に消極的な態度を取っている(た)一方、感染ルート解明や疫学の観点から有用なのは明らかです。PCR検査数が少ない現状は、検査を元々数多く行う医療が主流の日本において世界からも懐疑的な見方が多くあります。然し、今回の取り組みの様にPCR検査をできるルートを多様化することは大変有効な策だと考えます。但し、現在の感染が既に蔓延している日本では、検査の有無に関わらずまた陰性結果でも何かしら感染症状の有るうちは自主隔離を徹底し、自粛を含め3蜜を維持することが大原則ということを周知することが大事です。」という意見と
「検体採取の数を増やすことは単純に良いことだと思いますが、そもそも「PCR検査数が増えない要因」を解決していません。
考えられる「PCR検査数が増えない要因」としては、
①PCR検査できる機械が足りない →作れば良い
②PCR検査できる人が足りない→簡単には増えない
があります。なぜなら「臨床検査技師は、国に20万人登録してて、そのうち8、9万人が働いているが、1割に当たる9000人ほどが遺伝子の検査ができる。しかし、すぐにできる訳ではなく、本来は時間をかけて熟練しなければいけない」(日本臨床衛生検査技師会より)という事実があるからです。
PCR検査ができる臨床検査技師は、コロナウイルスの検査だけをしている訳ではありません。
検査のマンパワーを解決できないなら、海外のように時間短縮の検査キットを入れるなり、臨床検査技師以外の人でも検査可能な方法に変えていく必要があるのではないでしょうか。」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「PCR検査センターで、歯科医師が検体採取するのであって、一般の歯科医院で検体採取するわけじゃないでしょ。感染疑いのある人が歯科医院にいってもやってもらえるわけじゃないのでそこを周知しないと。」という意見と
「歯医者は患者の唾液や飛沫を直接、近い距離で浴びてしまうので感染リスクが非常に高いです。
緊急を要する治療以外に歯医者に来る人は歯石取りやホワイトニングに来る人もいるらしいです。
治療目的の患者以外は当面予約を断った方が感染リスクを減らし医療の負担も減らすことができます。
いっそのこと歯医者も休業できたらPCR検査の数も減らせて負担にならないと思いますけどね。」という意見と
「鼻や喉の粘膜から検体採取するのに、なぜ耳鼻科じゃなく歯科医なのか甚だ疑問。

他にも診療科があるのに、なぜ歯科医になったのか、経緯が不透明。

これでは歯科に掛かる患者が不安で仕方ない。
他の科と違って、歯科は治療に回数が掛かったりするので途中でクリニックを変更したり、どこでもいいというわけにいかない。

だったら、ニューヨーク州の様に、薬局で出来る様にすべき。
医師が感染すれば代わりがいなくて困るのは患者。」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「2つの側面。1)検査による歯科医師の感染リスク、歯科医師へのマスク、フェイスシールド、防護服の支給の問題。2)検査目的で疑い患者が歯科医院を受診することによる新たなクラスター発生リスク。
SARS-CoV2には自宅待機の徹底が最重要であり、検査を歯科医師にまで求めるのは如何なものか」という意見と
「この記事では、
各地の検査センターで検体採取となっています。
各医院内で検体採取とは記載されていません。
記事をお読みになっている方、医院内で検体採取と勘違いされている様です。
まずは、お読みになるなら記事をしっかり読んですみてはどうでしょうか?」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

スポンサーリンク

歯科医師 PCR検査 研修のネットの声は?その他

この手の検査は耳鼻科医が上手いんだよね・・・
インフルの検査を内科でやられたときは鼻を突っつかれて激痛だったが、近所の耳鼻かに行ったときは鼻の中を覗きながらやってくれて麻酔もしてないのに無痛でした。
先生曰く、耳鼻科医は鼻腔のどこを触ったら痛いかが分かっているからそこを避けるし、むやみに奥に突っ込んで鼻を刺激してくしゃみを引き起こすこともしないそうです。

都内の歯科医で月二回地方で診療をしている歯科医がいますが、今の緊急事態宣言が出ている中も地方へ行き、そのまま診療するそうです。
県外からの出入りを控える様に呼びかけている中で二週間待機もせずに そのまま患者に接するというのはどうなんでしょうか?医療関係は許されているのか?もし感染していたらとは医療従事者なのに考えないのかな?

良い施策だと思う。
併せて「抗体検査」もしてもらいたい。
この流れでアビガン等の処方箋を出せるようになると
発症前や極軽症罹患者も在宅治療出来て医療崩壊が防げるし、
抗体保持者は前線で活躍…となれば新型コロナを特別視する
必要も薄まるだろう。
こういう特例は大いに賛成だ。
この次の施策にも期待する。

歯科でも、口腔外科専門、審美専門など、カテゴリがあります。
普通に虫歯治療しに行ったら抜歯は他へっていわれる人もいると思います。
虫歯の治療できて歯を抜けないの?と思ってしまいますよね。
割と歯科も分野があるということをみなさん理解して頂きたい。
トータルで見てもらうなら口腔外科の先生です。
PCRも口腔外科なら耳鼻科、内科との兼ね合いができます。耳、鼻、口は繋がっています。
口腔外科の先生方が、どうかコロナ患者さんと戦っている他の医療従事者達の手助けが出来るように。医療が団結していかないと、日本は全ての医療が破壊します

歯科医師はきちんと採取できないと思いますよ。まだ熟練の看護師の方ができると思います。

やっと。歯科医はとっくの昔にCOVID19とお付き合いしていて多大な努力を払っている。これで自分の受け持ち患者の状態がわかる。

コロナウィルスのパンデミック終息に全力を尽くす医療従事者の方には頭が下がります。
ステイホームで応援します。

それはいいいけど、リスクの高いこの仕事をやる方がどの位いらっしゃるんだろうか?
くれぐれも感染しませんように……

PCR検体採取をする人員が足りないんだよ。多くの医療関係者が断わっている。そのうち医療系の学生バイトも可能になるよ。

歯医者は街中にあふれ過ぎている。

私立の歯学部なんて偏差値40未満の所もある。
飽和状態で稼げないから悪質な事をする歯医者もある。

本来の診療目的の箇所以外の所を削ったり、執拗に「親知らずを抜きましょう」と"お願い"をする。

スポンサーリンク

歯科医師 PCR検査 研修おわりに

今回は歯科医師 PCR検査 研修に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の歯科医師 PCR検査 研修は話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「歯医者さんも仕事無くて困ってるだろうから、良い制度だと思います。
判定まで出来るのかな?それなら、尚良。」
「歯科医があまりにも暇なので泣きついた歯科医師会の要望を自民が受け入れただけの話でしょ。」

あくまでも個人的意見ですが。

今回歯科医師 PCR検査 研修について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事