監視カメラ ロシアが話題沸騰!カモの親子は?★画像・動画★ネットの声は?

監視カメラ ロシアがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

監視カメラ ロシアの概要は?カモの親子は?

監視カメラ ロシアのニュースが次のように報道されています。

カモの親子はその後、数百メートル離れた目的地の池に無事に到着したということです。

 片側2車線の幹線道路で警察官が交通を遮断しました。その理由にドライバーも納得です。

 大きな標識を道路の真ん中に置き、黄色いベストを着けた警察官が走ってくる車を止めました。すると、やってきたのは親ガモに率いられた子ガモたちの御一行様。警察官に見守られて10秒余りのうちに道の反対側にたどり着きました。ロシア南部のクラスノダールで交通監視カメラが捉えたこの映像はロシアのソーシャルメディアで大人気になりました。カモの親子はその後、数百メートル離れた目的地の池に無事に到着したということです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200425-00000008-ann-int

スポンサーリンク

監視カメラ ロシアが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の監視カメラ ロシアに関しての画像や動画です。

監視カメラ ロシアの動画をどうぞ。

警察官が交通ストップ!…そのワケにほっこり

スポンサーリンク

監視カメラ ロシアのネットの声は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「1度でいいからカモのお散歩見てみたいなぁ。
風が強いと雛がコロコロって飛ばされちゃうんだけど、しっかりお母さんがその子も待って連れていくんだよね。
本当にお利口さん。」という意見と
「日本でも、たまにこういう光景が見られるな
鴨たちは「人間さん、ありがとう」という、感じで歩いてるんだろうか?」という意見と
「新型コロナで皆んな精神的に疲れてるのでホッコリできるのはイイですね。」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「北海道でも似たような事案がありましたね。
あの時は、確かお巡りさんが親ガモを抱えて、その後ろを子ガモが付いていく微笑ましい光景でしたね。
あの後取材を受けた若いお巡りさんが、かも親子の横断に際し、協力してくれたドライバーへの感謝を述べてたのも印象的でした。
私も優しい気持ちを忘れないで、頑張ります。」という意見と
「ついつい忘れるが人間が勝手に道路作ったのが原因だから、こういう優しい世の中になって欲しいと思う。」という意見と
「日本でも有名なのが三井物産の人口池から皇居のお堀へお引っ越しするカルガモ親子。やっぱり警察官が車を止めて渡る様が毎年の風物詩に。
時期になると、引っ越しはいつに成るかと感心事になっていたけどね。
ここ最近どうなんだろう。」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「あ〜癒やされる〜!心が和みました。特に今の時期、こういう温かい映像、もっと見たいですよね。」という意見と
「信号のない横断歩道で横断待ちの歩行者が居たので停車した所、横断中の歩行者が対向車にはねられました。
対向車の方はお前が止まるからいけないんだろと言ってきました。
日本はこんな国です。
ロシアの皆さん知っておいて下さい。
日本はおそロシア。」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

スポンサーリンク

監視カメラ ロシアのネットの声は?その他

ほっこりする映像で和みましたが、いつもいつも車が止まってくれるわけではないので、「この道は通れる」と覚えてしまうと先が怖い…。
次からも安全に通れますように。

ロシア人の交通マナーの良さが垣間見れる。昨年、ユジノサハリスクに出かけた際、交通量が多く、高速で通過する街道横の横断歩道に立った際、双方の車線を走る車がなれたように横断歩道前で停止した。
(やや、急ブレーキっぽいところもご愛嬌)
ホテルで聞くと、ロシアの交通マナーはここ最近、向上されたということ。だから、こういったカルガモ親子というより警察官の誘導にも、事故もなく協力するのだろう。

めっちゃ可愛い。

つい少し前に、日本でも同じようなことがありましたね。
男性警察官のかたが、カルガモの親子を安全な所(池)に送り届けていた。
親ガモを両手で持って、子ガモ達がちゃんと後ろに付いて来ているか確認しながら。

このヤフーニュースで、画像付きで載っていたのを見ました。
ほっこり。

私は国道122号でかるがも親子の道路横断に何年か前に遭遇しました。私が停車したら反対の車も停車していました^^可愛かったです

一度だけ、目の前を通るのを見たことが有ります。片側二車線の道路、車を停めてハザード、後方車両から守っていると、左の歩道の奥に去っていきました。

カルガモはまず卵の段階で蛇やカラスに襲われる。次に水の増水によって巣ごと流されたり、孵化しない卵が出てくる。生まれたばかりの仔ガモは親ガモの言う事を聞かずテンデンバラバラなので、そこでまたカラスや蛇にやられてしまう。移動時期になると今度は野良猫の餌食だ。無事成長出来る仔ガモは1羽いればいい方だ。

ストップ&交通整理してもらえてよかったね

一度出くわしたことがあるけど、その親子は気づいてもらえてなかったみたいで、少し離れたところを走ってる前の車の後ろでなんか転がってる?枯れ葉?何??って思ったら、子ガモがコロコロしてた

こちらも産後1ヶ月の息子を乗せて実家から自宅に帰るところだったけど、慌てて車を降りて後続車に停まってもらったことを思い出した

こんな時だからこそ、人の優しさって大切だなぁって思います。動物にも人にも常に優しさを持ちます。

以前田舎道で渡っているカモの親子いました。
車を止めて通して反対車線から来た車も手を上げて止まってもらい渡らせました。
一羽のろまがいて遅れてついて来て焦って追いかけてました、

スポンサーリンク

監視カメラ ロシアおわりに

今回は監視カメラ ロシアに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の監視カメラ ロシアは話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「ロシアでもこういうのあるんだな。
しかし、アナウンサーは何か事件でも伝えてるような顔してるけど、もう少し表情を緩めたら?」
「ずいぶん前に似たような場面に出くわしたが
交通量多いバイパスで止まるわけにもいかず
渡りきれたか今になって不安に思う。」

あくまでも個人的意見ですが。

今回監視カメラ ロシアについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事