なみはやリハビリテーション病院 看護師が話題沸騰!病院側は?★画像・動画★ネットの声は?

なみはやリハビリテーション病院 看護師がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

なみはやリハビリテーション病院 看護師の概要は?病院側は?

なみはやリハビリテーション病院 看護師のニュースが次のように報道されています。

病院側は、保健所の調査に対して「代わりの人を手配しようとしたが、見つからないのでやむなく働かせた」と話しているということです。

 陽性反応の出た看護師に勤務を続けさせていたことが分かりました。

 大阪市生野区の「なみはやリハビリテーション病院」では、22日までに医療従事者や患者ら合わせて122人の感染が確認されています。大阪市保健所によりますと、女性看護師がPCR検査で陽性と判明した後もこの病院が20日から翌日朝まで勤務を続けさせていたことが分かりました。女性看護師はその後、保健所からの指導で帰宅したということです。病院側は、保健所の調査に対して「代わりの人を手配しようとしたが、見つからないのでやむなく働かせた」と話しているということです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200423-00000054-ann-soci

スポンサーリンク

なみはやリハビリテーション病院 看護師が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のなみはやリハビリテーション病院 看護師に関しての画像や動画です。

なみはやリハビリテーション病院 看護師の動画をどうぞ。

陽性なのに看護師働かせる 大阪の病院「やむなく」

スポンサーリンク

なみはやリハビリテーション病院 看護師のネットの声は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「余計に感染が広がって患者が増えて大変になるとなぜ分からないのか?
素人でもそんな事は想像出来ます。」という意見と
「もう無理なんじゃないかな。
いずれ、避けたいであろう転換期は来ると思う。」という意見と
「これが今後の現実。よくその仕事選んだんだからとかいう奴いるけど感染症と戦うために看護師になったわけではない人のほうがはるかに多いし実際に感染したのではい帰宅と言われてもその場にいる患者さんはそのまま放置して帰っていいの?って話になるんだよ。感染疑いがあるから自宅待機。これを医療従事者のほとんどがしたらどうなる?病院行けば診てもらえるとか思うなよって話。実際に現場で働いているが、渡航歴とか体温とか聞いたりはなろうとすると横柄な態度とるやつとか俺は大丈夫とか今高いだけだから大丈夫とか意味わからないやつがいる。そんなのとも戦いながら現場にいるとそりゃ医療崩壊するよと思う。」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「もう、病院が回らないと言うこと。
院内感染を含む感染拡大を避けるしためにも、また危機的状況にある医者や看護師の命を守るためにも、
当分の間、病院も閉鎖すれば良いんじゃないかな。
そうすれば、クラスターの発生もおさえられるし、世間の文句も少しはおさまるんじゃないかな。」という意見と
「明らかにこの病院では医療崩壊が起こってしまったということだ。
一概に非難はできない。
その時の選択肢は
医療放棄をするか感染者が看護をするかの選択だったのだろう。
非難するのは簡単だが対策を見つけるのは難しい。」という意見と
「この病院の対応が正しいとは言えないけれど、これから先、医療スタッフの感染でマンパワー不足となり診療停止、クラスターが発生して診療停止、と稼働できる医療機関が減っていくとなると、いつかはコロナ陽性の医療従事者が患者を診なければ医療を提供できなくなるかもしれない。医療物資も待てども待てども届かないから十分な感染対策も取れない。のに患者は増える一方なのだから。既に崩壊している医療が顕在化するのも時間の問題かもしれない。」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「この看護師さんは責められないと思う。ベッドがある以上、法律やなんかで夜勤の看護婦が居ない訳にはいかないんでしょう。居ない間に何かあったら一大事だし、病院の側も色々考えたのだと思うが。他でもどきっとした病院があるだろうね。」という意見と
「医療従事者のうち、ドクターよりも患者と長時間、密に接しざるを得ないのがほかならぬ看護師たちだ

彼女ら・彼らは、いうなれば戦時下、その最前線で砲煙弾雨のなか、日夜おのれの生命を的にして職務に従事している

患者に命があるなら、とうぜん彼女たちにも命がある

現下、政府が当てにならない現実を踏まえたうえで、当該専門家グループは、早急に解決策を打ち出さなくてはならない」という意見と
「とにかく、医療現場ももう限界。一般人ができることはコロナにかかるタイミングを出来るだけ後にズラすこと。アビガンでも何でもいいがとにかく普通に処方される対処薬が出来るまで行動を抑制する。この一点につきる。」という意見と
「もう無理しないでいいよ。出来る範囲内で。

どれだけ頑張ってくれても、自粛出来ない人はやっぱりいるし。

何より頑張ってくれている関係者が倒れては
もっと酷い事になるだろうし。

頑張ってるのに、批判されても割りに合わないよ。
もともと割りに合わない仕事なのに、、、」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

スポンサーリンク

なみはやリハビリテーション病院 看護師のネットの声は?その他

あまりに追い詰められていて正常な判断力もなくなるんだろう。だがいま一番感染の危険があるのは病院であることは事実。次に家庭。いずれにせよ重症化したら終わり、ということ。

患者を断れば良かったのに・・・無理してでも患者を診ると言う病院も苦渋の決断だったと思うし、感染しても働いた看護士には頭が下がります。基本的には、この様な状態に追い詰めた国の体制が悪いんでは無いでしょうか? お偉いさん方には現場の実態を見て欲しいと思います!!!

大阪ではもう医療崩壊が起きているのでは。この状況では、感染者を別々の総合病院に入院させるのではなく、もはや、中国の武漢の「火神山病院」のような、大規模なコロナ感染症専門の施設を早急に作り、感染が判明したら、すぐに収容するしかないと思う。その方が医師や、看護師が対処しやすいのでは。

この状況で看護師が働いて、院内感染が拡大したとして。
看護師のせいでもない。病院を責めきれない。
どーしようもない。それを理解して欲しい。
院内感染って。こーゆーことも含むのよ。
で、つまりは医療崩壊や経営危機、で倒産したら患者はどうなる。

人にうつさないように…それで自粛できるのなら、苦悩はない。現場はどうしたらいいのよ、どうしろと?!

似たようなこと、あちこちの病院でやってますよ。検査してないだけ。症状なければ検査しないで仕事をさせる。乳児相手でも。おそろしいことです。病院の責任者は当然のこと、全て検査しない方針を決めた偉い人達にも責任があると思います。

現場の医療従事者に敬意を表します。
借金返済はとても大切ですが、何かあったときのために病院削減をむやみにしてはいけないと思いました。結果論ですが。

この病院は正常の状態ならひどいいけど、これからの大阪が迎える状態を想像すると断罪することもできない。大阪は軽症者は検査なしに一定の隔離すれば社会復帰することも許される。であったとしたら、この病院の対応は今はダメだけど、将来は?

誰も責めることが出来ずやむを得ないとはいえ、結局陽性者を増やすことで悪循環を引き起こしてしまう。
こういった事例を聞くと誰も医療関係者に対し敬意や感謝の念がないことは良く分かる。

医療従事者の方々は感染の可能性が高い環境で仕事をされてます。
院内感染 イコール 医療崩壊 閉鎖です。

人手不足とは言え、陽性の従事者を働かせる事などは、有り得ない事態です。
此の様な病院は閉鎖、若しくは医療機関の資格取消しでもやむを得ない。

責任者の医療認識を疑うもである。

夜勤の代替なんか介護でも難しいのに医療だともっと無理だなぁ。
規定人員の確保ってはたから言うほど簡単じゃないんだよね。
ただ既知の状況で仕事していたんだから時短+完全防護でしのげなかったのかな。
欠員状態で夜勤やってコロナ以外で重篤化、急変死とかだとコロナ以上に処罰大変だしね。

スポンサーリンク

なみはやリハビリテーション病院 看護師おわりに

今回はなみはやリハビリテーション病院 看護師に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のなみはやリハビリテーション病院 看護師は話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「この病院調べてみると西日本一帯の大きな医療法人グループの一つで、生和会グループの敬仁会の中の一病院。
元々今里胃腸病院が去年12月からリハビリ病院へと転身。回復期44床で始めて現在88床と一般が32床。
上に書いたような経緯の病院は、職員はほぼそのまま残ってるはず。リハ病院で始めたけれど、リハスタッフもほぼ5年目以内で構成され、元々胃腸病院という事である程度の外科手術もしてたが、胃腸科なので呼吸器疾患にスタッフは慣れてない。消化器内視鏡と外科二人しか専門登録されてない。
コロナ患者を受け入れていたわけではないので感染経路は分からない。保健所からすぐに指導が入ったのか怪しい。同時期に大阪で院内クラスター発生があったから。
何人コロナ患者や職員が出たって、こんな大きな法人で現場に即した人材とマンパワーが確保出来ない訳がない。経営者の責任。奉仕精神で自分を貶めちゃダメ。まずは自分の命ありき。」
「一言で言えば

 「戦線の崩壊」

なのです。最前線の兵士が総崩れになって逃げるわけです。

救援を呼んでも誰も来ない、防護具もなければ、休みもない、そんな戦線にこれから参加しようという「兵士」が多いわけがないのです。」

あくまでも個人的意見ですが。

今回なみはやリハビリテーション病院 看護師について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事